うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!

うつ病は世界中で3億5000万人が罹患しているといわれ、日本でも100人に3~7人が経験しているとされる精神疾患だ。程度にもよるが、見た目にはうつ病だと周囲から気付かれない場合もあり、理解されづらい精神疾患の1つだと言われている。だが、この度、最新の言語分析により、うつ病の人に特有の言語的特徴があることが判明した。

海外オンラインメディア「Big Think」(6日付)によると、医学雑誌「Clinical Psychological Science」に掲載された新研究により、うつ病患者は“鬱語”ともいうべき特殊な言葉を話していることが明らかになったという。

うつ病患者の話す言葉には言語的な特徴があることは以前から知られており、これまで、米ロックシンガーのカート・コバーンや、米詩人のシルヴィア・プラスといったうつ病を罹患していた人物が書いたエッセイや日記が分析対象として活用されてきたそうだ。だが、いくら慎重になっても、人間の能力では言葉遣いの細かな違いを見逃してしまう場合がある。そこで今回、英レディング大学の心理学研究者モハンマド・アルモサイウィ氏らは、数分で巨大なデータ群を分析することができる最新のコンピュータ解析技術を利用し、小さな変異、よく使用される語や語の種類、語の多様性、文の平均的長さ、文法的パターンなどを数値で正確に計測したという。

言語には大きく分けて内容とスタイルの2つの部分に分かれている。内容は言語によって表現されたもの、つまり話された物事の意味のことである。うつ病患者が、“さみしい”、“悲しい”、“みじめ”といったネガティブな感情表現を使いがちであることは容易に想像できるだろう。

●人称代名詞の使い方

だが、今回の研究で明らかになったのはそれだけではない。うつ病患者には、“私”“あなた”“彼ら”などの人称代名詞の使用頻度に大きな偏りがあることが分かったのだ。アルモサイウィ氏によると、英語の1人称代名詞、me、myself、Iの使用頻度が統計的に有意に多かったという。つまり、うつ病患者は“私”を中心とした言語使用を無意識のうちに行っており、他者への関心が希薄であるということだ。

1人でうつうつと生活上の問題を考えたり、社会的な孤独を感じることはうつ病のよく知られた特徴であり、1人称代名詞の使用頻度の高さもそのことを反映していると見ることができる。しかし、1人称代名詞の高頻度使用とうつ病の因果関係は今回の研究からは明らかになっていない。つまり、1人称代名詞を使う自己中心的な思考がうつ病を引き起こすのか、うつ病になると自己中心的な思考になるのか、原因と結果の向きが定かではないのだ。

言語のスタイルは表現された内容よりも、表現の仕方に関係する。研究者らが、64のオンラインメンタルヘルス掲示板から6400人のメンバーの会話データを分析した結果、うつ病患者には言語スタイルにも有意な違いがあることが分かったという。

「独立語(absolute words、絶対語とも)」と呼ばれる語の使用頻度が極めて高かったのである。独立語というのは、“常に(always)”、“何もない(nothing)”、“完全に(completely)”といった「例外がなく、100%正しいか、100%間違っているかいずれかの場合に使用される語」(「Austin Community College」より)のことである。総じて、独立語の使用が多い人ほど、白黒をはっきりさせたい絶対主義的な傾向が強いと言えるだろう。

研究者らは、子育てのためのオンライン掲示板「Mumsnet」と学生のためのオンライン掲示板「StudentRoom」など19の掲示板と、うつ病患者が集うオンライン掲示板を比較したところ、「不安とうつ掲示板」では50%、「自殺願望掲示板」では80%も独立語の使用頻度が高かったという。また、どちらの掲示板でも1人称代名詞の使用頻度も高かったが、ネガティブな感情表現に関しては、「不安とうつ掲示板」よりも「自殺願望掲示板」の方が少なかったそうだ。

さらに、うつ病から回復した人々が集うオンライン掲示板では、ポジティブな感情表現の使用頻度は、うつ病と特別関係のない掲示板と比べて約70%も高かったが、独立語の使用頻度も比較的高かったそうだ。これは、うつ病が再発しやすい精神疾患であることと関係していると研究者は見ている。うつ病の自覚がない人でも、無自覚な独立語の多用はうつ病再発のサインだというわけだ。同様の傾向は1人称代名詞の多用にも見られるが、ネガティブな感情表現には見られなかった。この点からも、ネガティブな感情表現よりも、1人称代名詞や独立語の使用頻度の方がうつ病患者特定に有効だと分かる。

アルモサイウィ氏によると、コンピュータによる言語解析はうつ病だけでなく、他の精神疾患の分類であり、その能力はすでに熟練のセラピストを凌駕しているという。今回の研究はうつ病患者の言語分析だけだったが、いずれ自己学習型の会話ができるAIに精神疾患を診てもらう時代が来るかもしれない。

参考:「Big Think」、ほか

脳(旧皮質=潜在意識)は主語が理解できない

私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。
例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。
主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

※ここで言う「脳」は、「古い脳」を指しています。

c201501AV_000002629.jpg

大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳」、それ以外を「古い脳」と呼びます。
人間特有の高度な精神活動を担当する「新しい脳」のほうは主語を認識できているのですが、感情を司る「古い脳」のほうは認識できず、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまう性質があります。

だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になる
つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、自分も傷つき気分が悪くなります。
人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。
そして、より、人に対して攻撃的になります。

無事退院しました。

今まで、気功整体・癒しの空間のホームページを通じ、当店のお客様にだけにお伝えしておりましたが、2018年2月8日に冠動脈バイパス手術のため、市民病院に入院しました。2月13日に手術を終え、2月25日に無事退院いたしました。人工心肺を使用し、11時間半に及ぶ手術でしたが、術後の経過もよく当初の予定より3日早く退院できました。開胸手術のため、胸骨が完全にくっつくには3か月かかると医師に言われましたが、4月中旬から5月初旬には仕事に復帰できそうです。

詳細確定次第、このページでお知らせしたいと思いますのでよろしくお願いします。
たくさんのお客様に支えられ、おかげさまで順調にここまで来れたことを、とても幸せに感じております。  「あなたの笑顔を見たいから心をこめて施術します」
この言葉をモットーに、皆様の健康増進のお役に立ちますようこれからもがんばります。宜しくお願いします。