4月16日より営業再開いたします。

冠動脈バイパス手術のため、永らく休ませていただきましたが、4月16日より営業を再開いたします。2月13日の手術より約2か月経過しましたので、おかげさまで体調は万全です。よろしくお願いします。

潜在意識について

前回、引用を交えて潜在意識は主語を理解できないと述べたのですが、他にも潜在意識には面白い特徴があります。前意識のように浅いレベルは顕在意識と大差ないですが、少し深レベルになるとだんだんと幼稚になっていきます。例えば過去や未来を理解できません。これは記憶にないということではなく認知できないということです。犬や猫に「未来に夢を持て!」と言いても無理なことでご理解頂けるでしょう。同様に難しい言葉や回りくどい言い回しも理解できません。
これは、人間の脳の発達段階が関連しています。つまり、潜在意識とはアメーバーから現代人に至るまでのいろんなレベルの痕跡がしっかりと残っているのです。かつてNHKのクローズアップ現代で放送していましたが、うつ病の起源は魚時代にさかのぼると放送していました。つまり、小魚時代に天敵に捕食される恐怖で動けなくなった現象が鬱のはじまり・・・・・と主張していました。この弁に沿えば、退行催眠で魚に戻ってもらわなければ鬱の根本治療はできないということになります。これを理解している催眠療法士が果たして何人いるでしょうか?、魚レベルの深い潜在意識まで催眠誘導できる療法士が何人存在するでしょうか?、もちろんNHKの主張に沿えばの仮定ではありますが、・・・・・・

現代人は、顕在意識(大脳前頭前野)が発達しています。故に想像力は果てしなく(?)広げることが可能です。
ここが、催眠療法のトリガーポイントだと私は感じています。

比較的低い発達段階(前出の犬や猫レベル)における潜在意識の最も大きな特徴は現実の出来事と想像上のイメージの区別がつかないことです。これは、睡眠下で夢を見ているとき、その夢を現実と感じていることでご理解いただけると思います。催眠下では認知が選択的に拡張されイメージが現実味を帯びるのです。少し乱暴に言えば、催眠下での成功体験イメージは実体験として記憶され、一度成功しているのでもう一度成功することの垣根(障害物)はずいぶんと低く認知されるのです。つまり自信が付くということですね。

これら潜在意識の特徴を利用して、現在ある認知の不都合な部分を修正するのがHypnotherapy=催眠療法なのです。心理カウンセリングにおける「認知行動療法」をバーチャルで行っているイメージですね。催眠療法にもいろんな手法がありますが、大きく分けて、他者催眠と自己催眠に区分されます。

脳(旧皮質=潜在意識)は主語が理解できない

私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。
例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。
主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

※ここで言う「脳」は、「古い脳」を指しています。

c201501AV_000002629.jpg

大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳」、それ以外を「古い脳」と呼びます。
人間特有の高度な精神活動を担当する「新しい脳」のほうは主語を認識できているのですが、感情を司る「古い脳」のほうは認識できず、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまう性質があります。

だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になる
つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、自分も傷つき気分が悪くなります。
人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。
そして、より、人に対して攻撃的になります。

無事退院した旨をLINEで連絡しました。

気功サークルの会員様と、「気功整体・癒しの空間」のお客様に、無事退院した旨をLINEで連絡しました。LINEを使わない方にはSMSでメールしましたが、メールを使わない方もいらっしゃるようです。連絡のいかなかった方々、ごめんなさい。<m(__)m>

心理カウンセリング用ブログを立ち上げました。ホームページ「新潟でヒプノセラピー」のブログ版です。

ホームページ「新潟でヒプノセラピー」のブログ版としてワードプレスで立ち上げました。

私にとっては初めてのワードプレスで戸惑うことだらけでしたが、ようやくインストールにこぎつけました。

最初はヒプノセラピーの説明と紹介から始めたいと思います。

ヒプノセラピーに興味のある方、催眠療法とはどんなものか知りたい方の参考になれば幸いです。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !