自律訓練法の問題点

前回、自律訓練法にも問題があると述べたところで終わったのですが、何が問題か?・・・・・と言うと、習得が難しく、時間がかかるのです。通常、習得するのに1~4か月かかるのです。何故かというと、いわゆる自己催眠ですから、催眠に罹ったことのない人は催眠の感覚が解からず、両手の”重さ”
や”温かさ”などを感じることが難しいのです。催眠の体験のある人は比較的早く習得できるようです。
この問題を解決するため、当店では“催眠導入型自律訓練法”を導入に使います。
具体的には、被験者に催眠をかけ、初回の練習を催眠下で行い、腕の重さや”温かさ”を実際に感じていただきます。さらに、”アンカリング”という技術を用い、練習時にある暗示文を唱えるとすぐに催眠状態となり、効率よく自律訓練法の練習ができるという手法を用います。これにより、自立訓練法による目的の達成が短時間に出来るという優れたメソッドです。
 料金は3回コースで¥9,000×3=27,000円です。さらに整体会員の方は割引があり、¥7,000×3=21,000円で習得できます。
 整体会員登録は無料ですから、最初に会員登録していただくと有利です。

自律訓練法について

 当店のHypnotherapyについて、前回投稿の続きです。

 当店のヒプノセラピーはシュルツの自律訓練法(autogenic training)をメインとしています。
何故、自律訓練法なのか?・・・・・・と言いますと、催眠療法に詳しい方はご存知と思いますが、一般的な催眠療法、すなわちセラピストによる催眠療法の暗示効果は極めて強く、即効性ではあるものの、効果の持続がとても短いのです。
潜在意識は、30億年前のアメーバーの時代から今日まで、生命と子孫の維持のために獲得した知恵であり、生きること、子孫を残すことに直結しない暗示はすぐに効果を失います。催眠で禁煙できても長続きしないのはヒプノセラピストであれば誰もが経験済みでしょう。
生命活動を脅かすほどの恐怖はトラウマとなり絶対に忘れません。禁煙暗示を例にとれば、潜在意識にとって、タバコを止めるメリットなどほとんどありませんから興味があるはずもなく、したがって短期記憶で終わってしまうのです。
心理学に詳しい方ならもうお分かりだと思いますが、報酬のない記憶は軽視され、やがて忘れ去られるのです。
それでは、禁煙暗示を長期記憶に変えてしまうにはどうすればよいでしょうか?、長期記憶として定着するまで催眠の施術回数を増やせばよいのですが、催眠療法の施術料金は安くはなく、それではクライエント様の財布が持ちません。そこでセルフコントロールできる「シュルツの自律訓練法」なのですが、実はこれにも問題が潜んでいるのです。この続きは次回にします。

 

当店の業務について、

 今日から、当店のHypnotherapyの内容や進め方について、お話していきたいと思います。

「ヒプノセラピー」とは催眠を使った心の療法のことですが、当然ですが、ご来店いただいたお客様に突然催眠をかけるわけではありません。最初はお客様の困っておられる「心の問題」をお話しいただき、その背景を探ります。いわゆる「初回カウンセリング(初回心理面接)」を行います。通常は約70分程の会話のやり取りとなりますが、出来るだけ詳細な背景を知るため、もっぱら傾聴が主となります。

「心の問題」の輪郭が見えただけでは不十分であり、その症状に対するクライアント様の感情や心情などを出来る限り理解できるよう努めます。ここまでは普通の心理面接と変わりありませんが、一般的なカウンセリングではここで一旦終了し、次回の面接予約を取ります。ここが他店との違いですが、当店ではクライアント様の苦しい心情を少しでも和らげていただけるよう、気功やマインドフルネスなどで行う「呼吸法」をご指導させていただいております。その後に、クライアント様の気付きを得るために、カウンセリングをこのまま続けるのか、あるいは、問題解決のために催眠を利用するのかの治療方針の選択をしていただきます。しばらくカウンセリングの継続を希望される選択もありますし、ヒプノセラピーを選択される場合もあります。どちらの場合も、その後の進め方について十分ご理解いただくため、この工程で50分程必要です。

したがって、初回面接は120分となりますが実際にはもう少し時間が必要な場合が多いです。当店のHypnotherapyは「シュルツの自律訓練法- autogenic therapy-」をメインに行います。それについては次回に詳しくお話したいと思います。

今年の春は、

今年の新潟の春はかなりの確率で暖かい日が続きそうだ、特に3月は平年より暖かい確率が60%、逆に低い確率は10%だからかなり暖かいのだろう。寒さに弱い小生としてはうれしい限りである。天神講も終わり、麗らかな春が待ち遠しい。