当店の業務について、

 今日から、当店のHypnotherapyの内容や進め方について、お話していきたいと思います。

「ヒプノセラピー」とは催眠を使った心の療法のことですが、当然ですが、ご来店いただいたお客様に突然催眠をかけるわけではありません。最初はお客様の困っておられる「心の問題」をお話しいただき、その背景を探ります。いわゆる「初回カウンセリング(初回心理面接)」を行います。通常は約70分程の会話のやり取りとなりますが、出来るだけ詳細な背景を知るため、もっぱら傾聴が主となります。

「心の問題」の輪郭が見えただけでは不十分であり、その症状に対するクライアント様の感情や心情などを出来る限り理解できるよう努めます。ここまでは普通の心理面接と変わりありませんが、一般的なカウンセリングではここで一旦終了し、次回の面接予約を取ります。ここが他店との違いですが、当店ではクライアント様の苦しい心情を少しでも和らげていただけるよう、気功やマインドフルネスなどで行う「呼吸法」をご指導させていただいております。その後に、クライアント様の気付きを得るために、カウンセリングをこのまま続けるのか、あるいは、問題解決のために催眠を利用するのかの治療方針の選択をしていただきます。しばらくカウンセリングの継続を希望される選択もありますし、ヒプノセラピーを選択される場合もあります。どちらの場合も、その後の進め方について十分ご理解いただくため、この工程で50分程必要です。

したがって、初回面接は120分となりますが実際にはもう少し時間が必要な場合が多いです。当店のHypnotherapyは「シュルツの自律訓練法- autogenic therapy-」をメインに行います。それについては次回に詳しくお話したいと思います。

今年の春は、

今年の新潟の春はかなりの確率で暖かい日が続きそうだ、特に3月は平年より暖かい確率が60%、逆に低い確率は10%だからかなり暖かいのだろう。寒さに弱い小生としてはうれしい限りである。天神講も終わり、麗らかな春が待ち遠しい。