ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

準備段階-その2-3

準備運動3

 腕がだんだん重くなる

椅子に座って、できるだけ楽な姿勢をとります。
眼を閉じで、リラックス呼吸(前回練習した呼吸法)を数回繰り返します。
右腕を肩の高さに真っ直ぐ伸ばし、掌(てのひら)を下に向けます。
掌に意識を置いて、「掌(てのひら)がだんだん重くなってくる。とても重い。・・・・・」と心の中で自己暗示を続けます。


すると、掌や腕に、まるでおもりをぶら下げたように、重くなってきます。
右手に十分重さを感じることが出来たら、左手も行います。

ここまでくると、シュルツの自律訓練法でマスターできなかった人も第一公式が楽にできるようになります。第一公式が成功すれば、第二公式も短期間でマスターできます。

ここで、他者催眠と自己催眠の違いをお話しします。他者催眠では催眠に入ると無意識状態になり、受動的になりますが、自己催眠では、催眠にかかった状態ではあっても、全て自分自身で「意識的に感じることが出来る」という違いがあります。意識的に感じることができるので意識的に中断や変更することもできるのですが、あとで説明しますが、突然の中断は悪い影響を及ぼしますので、しっかりと消去動作を行ってから中断するようにしましょう。

自己催眠に入ると、最初に全身がけだるくなり、重くなります。催眠が深くなるにつれて全身がぽかぽかと温かくなり、血圧も安定し、呼吸は深くゆっくりになります。この状態は、自分の意思で“自分の心と体”をコントロールできている証明でもあります。

実は、催眠には他者催眠と自己催眠の2種類あり、催眠状態の感じ方は全く違うのです。

ですが、催眠状態における暗示効果には差は全くありません。なので、性格改善や願望実現などの人生における質的向上を望むならば、自分の状態を意識できる点で自己催眠の方が望ましいと言えるわけです。また、費用の点でもコストダウンできるわけです。

私が提唱する、「催眠導入型自律訓練法」でも、他者に頼ることなく、出来ることなら自分自身で催眠導入できれば、それがベストなのだと確信しています。

自分で出来る催眠導入型自律訓練法 準備段階その2-2 ウォーミングアップ2

準備運動2 体が後ろに倒れる・・・・・
 壁を背にして、10cmほど離れて立ちます。両足は揃えておきます。目を閉じて、準備段階で練習した呼吸法を4~6回ほど行い、呼吸を続けながら体の力を抜き、重心をかかとにのせます。

 そして、「後ろに倒れる、後ろに倒れる」と自己暗示すると、からだは後ろに倒れて背中が壁につきます。体を元の位置に戻し、もう一度「ハイ、後ろに倒れる」と自己暗示すると体はまた、後ろに倒れます。これをリズミカルに5・6回くりかえします。すると、今度は「ハイ・・・・・」と心の中で唱えるだけで体は後ろへ倒れるようになります。安全のため、壁にクッションを吊るすなど、頭を強く打たない方法を取ってください。
 

 自分の「観念」だけで十分に反応出来るまで数回行えば、全身の弛緩が出来て、暗示のかかりやすい状態になっているので、このまま自己催眠に入れる人もいますが、次回の 準備運動3 腕がだんだん重くなる・・・・・を行って、さらに催眠感受性を高めましょう。

自分で出来る催眠導入型自律訓練法 準備段階その2 ウォーミングアップ

 準備段階 その2 です。
まず、場所についてですが、あなたが普段生活している部屋が一番落ち着くでしょう。明る過ぎると気が散るので昼間ならカーテンを引きます。夜ならば本が読めない程度まで照明を落とします。
騒音は催眠導入にとって大敵です。窓は完全に締め切って、室温を適温を保ってください。電話やスマホは着信音を消しておきます。
呼吸法が終わっていればリラックスできていると思いますが、“気負い”は禁物です。“雑念を払おう”などと意識する必要はありません。人間は雑念があって当たり前なのです。この後行う“ウォーミングアップ”で自然と雑念は消えていきます。心理学で言う“選択的注意の集中”状態になるからです。

 準備段階 その2-2 ウォーミングアップです。
このウォーミングアップはとても大切です。自分で出来る催眠導入のカギを握っているといっても良いでしょう。これは、すんなりと暗示を受け入れる“やわらかい頭と心構え”を作るためには必須の方法なのです。スーーッと自己催眠に入れるかどうかは、このウォーミングアップにかかっているのです。

 ウォーミングアップ その1 フーチが大きく揺れる
フーチ(ペンジュラム)を準備します。
通販で¥1,500円程度で買えますが、5円玉を糸で結んで振り子を作ってもOKです。ダウンジングなどにも使えますので見栄えの良い方が良いかもしれません。
 次にA4コピー用紙に直径10cmくらいの円を描き、円の中に十文字を書き込みます。其の円の中心(つまり十文字の中心)から1cmほど上にフーチが来るように指先でフーチのひもを摘まみ、吊るします。ひもは指に絡めてはいけません。
吊るした振り子をジーっと見つめながら「左右に揺れる、左右に揺れる」と心の中で強く唱えます。(これが自己暗示です)すると振り子が自然に揺れてきます。この時、指先で意識的に揺らしたり、止めようとしてはいけません。すべて、起こるがままにしておきます。さらに「もっと大きく揺れる、もっと大きく揺れる」と心の中で唱えると、振り子はさらに大きく揺れ始めます。つぎに「円になって回る、円になって回る」と心の中で唱えると、振り子は円になって回り始めます。振り子は思った通りに動きます。つまり、「前後に動く」と言えばその通りに動きます。これを「観念運動」と言います。つまり、あることを心に思うと(観念)、そのとおりに行動が起こるという、ごく日常的な現象です。驚くには及びません。
次回は、別の方法でウォーミングアップ をします。

自分で出来る催眠導入型自律訓練法 準備段階 呼吸法_解説

自分で出来る催眠導入型自律訓練法の準備段階として、呼吸法をマスターする必要があります。

気功やヨガ、座禅などにおいても、呼吸法は大切なものですが、催眠においても、呼吸法はとても大切です。

何故ならば、標準的なルールに基づいた呼吸法は、副交感神経を優位にし、「催眠感受性」と「被暗示性」を高めるからです。

標準的なルールとは、「ゆっくりと長く息を吐いて、軽く吸って、止める」です。

吐く息は副交感神経を優位にします。なので出来るだけ時間をかけてゆっくりと息を吐きます。

 

吸う息は交感神経を緊張させるので出来るだけ短く吸って、酸素のガス交換比率を高めるため、息を2秒ほど止めます。

 

 

「吐いて、吐いて、吐いて、吐き切ったら・・・・・軽く吸って、止める」と覚えてください。

呼吸の「呼」とは、吸う前に息を吐き切ることです。

息を吐き切ったら口を閉じると、自律神経が勝手に鼻から息を吸います。これが精神の統一に有効な理想の呼吸です。

慣れないとぎこちないかもしれませんが、慣れてしまえば、心が落ち着き、体がポカポカと温かくなるのでとても気持ちの良いものです。

この呼吸法を3~4回行ったら、あとは出来るだけ静にゆったりと自然呼吸を続けます。

次に、呼吸法の終わり方について解説いたします。

呼吸法だけでなく、すべての催眠導の終わりの段階で、「消去動作」を行います。

消去動作とは「催眠からの脱出」であり、再び交感神経を優位にして、日常生活に戻るために必要なものです。

オレオレ詐欺に罹らないために必要なものと言えば、解かり易いでしょうか?。

もちろん、そのまま眠るつもりなら、消去動作は不要です。

やり方は、両手を拳にしたり開いたり、グーッ・パー  グーッ・パー を10回ほど行い、その後、両足首を軸にして、つま先をパタパタと10回ほど激しく動かします。

これで催眠から綺麗に覚めます。